合格者(SYさん)の声「自然と湧いてくる疑問を投げかければよい!」

2017年10月16日 20:00

今回も子育てをしながら、第5回キャリアコンサルタント試験に合格されたSYさんをご紹介します。

「今回、第5回キャリアコンサルタント試験で無事一発合格することが出来ました。

フルタイムの仕事と子育てで十分な勉強期間がない中でも1度で合格できたのは、スカイプ塾に入塾したからだと思います。

CDA取得に向けて通学を初めましたが、仕事や子育てに加え初心者ということもあり、経験者のクラスメイトについていけず、勉強に嫌気が差してきていました。

特にロールプレイングが苦手で、うまく聞き出さなければ、という意識ばかりが焦ってしまい、言葉が出てこずに5分ほどで止まってしまうことが何度もありました。

そんな時、スカイプ塾を見つけたのです!

半ば諦めかけてはいたのですが、とりあえずカウンセリングだけでも、と思い申込ました。

うまくロープレができず、言葉が出てこないことを伝えたところ、先生から「質問よりもまずはクライアントを受容することが大事」というアドバイスが!そうか!今までの私は、「いかに良い問いかけをするか?」ばかり考えていて「クライアントを受容する」ことを忘れていた。。。そのことに気づかされました。

さらに、クライアント中心療法の3つの姿勢(受容・共感・一致)でクライアントを受け止めることが大事であるということを教えて頂けて、この先生となら続けられるかも、と思いすぐに入塾を決めました。

木原先生には、ロープレのテクニック等、基礎から丁寧に優しく教えて頂き、初心者の私にとってはとてもわかりやすく、楽しく勉強を続けることが出来ました。

また、ロープレから口頭試問まで本番と同じ形式で行い、ロープレ後に詳しく解説して頂けるので、内容をしっかりと振り返ることが出来て、とても身になりました。

また木原先生は、私の駄目なロープレでも良かった所を探して誉めてくださいました。

これにはとても感謝!です。自信を失い、苦手意識が強くなってしまった私にとって、最高の励みでした。

木原先生から頂いた言葉で一番印象的だったのは、"「次に何を質問しよう?これは言ってもいいのかな?」等と考えず、疑問に思った事を素直な気持ちで聞いてみればいいんです。"という言葉です。

小さな子供が「なんでそうなるの?なんで?なんで?」と何でも聞いてくるように、素直な気持ちでクライアントの話に集中して、自分だったらどうだろう?と考える、そうすることで自然と湧いてくる疑問を投げかければよい、ということでした。

どんな問いかけが効果的なのか?そんなことばかり考えていた私にとっては、目から鱗でした。

それからは、とにかくクライアントの話に集中することで自然と問いかけも出来るようになり、ロープレも途中で止まることがなくなりました。

スカイプ塾は自分の都合の良い時間に予約でき、しかも自宅で勉強できるので、忙しい私には最適な勉強方法でした。

特に役立ったのは、ロープレの録音データを送って頂いたことです。

全部で10回ほど受講したのですが、初回の無料カウンセリングも含め全て送って頂いたお陰で、出勤時の電車の中や家事をやりながら、隙間時間を利用して何度も復習することが出来ました。

忙しい私にとってはかなり効果的な学習方法でした。

実技試験では、なかなかしゃべってくれないクライアントでかなり苦戦しましたが、スカイプ塾でロープレを何度も練習したお陰で諦めることなくクライアントに向かい合うことができ、合格することが出来ました!

口頭試問では、試験官に今後の展開等かなり細かい部分まで突っ込まれましたが、こちらも焦ることなく回答することが出来ました。

これも、スカイプ塾で何度も練習したからだと思います。木原先生には本当に感謝しています。

最後までずっと応援して頂き、本当にありがとうございました!」

SYさんはほんとうに一生懸命頑張られました。
その頑張りの強さはどこからくるのか?私は大切な「家族」の存在を感じていました。
スカイプ塾をたくさん褒めていただきましたが、今は合格を果たされ是非ご自分を褒めてください。 

これからも益々のご活躍とご家族のご健勝をお祈りいたします。